スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八ちゃん」子宮蓄膿症に

3月に入って早々
「八ちゃん」の体調に変化が見られ心配で病院を受診しました

その結果・・・
重症ではないものの子宮蓄膿症であることが判明
1週間後入院し手術を受けることになりました

私の中では、出産経験のあるワンコは子宮蓄膿症にならない?
かかりずらい?的な思い込みがあり
「八ちゃん」は大丈夫!!と思っていたので驚きとショックでした

子宮蓄膿症とは・・・
子宮蓄膿症とは、大腸菌などの細菌がメス犬の膣から子宮内に侵入して異常繁殖、炎症がひどくなって化膿し、子宮内に膿がたまるほど悪化する細菌感染症のことだ。この病気になりやすいのは、避妊手術を受けていない中高年齢期のメス犬である

3月7日(木)「八ちゃん」入院→手術
朝から絶食、病院へ行く前の不安そうな「八ちゃん」
大丈夫!絶対無事に退院出来るからね^^

「八ちゃん」入院

子宮摘出ついでに最近、口臭が気になっていたので先生に歯石除去も
お願いしました



翌日、「八ちゃん」は元気に退院しました
頑張ったね・・「八ちゃん」

気になっていた口臭の原因は
歯が1本腐っていたらしく抜歯しました・・と先生
歯石は問題なくキレイな歯ですょ~と術後報告されました
4針縫合されてました
10日後、抜糸予定です
傷口を舐めないように・・と術後の「八ちゃん」は ご覧の通り

「八ちゃん」退院

狭い我家では、通行障害が発生して大変!!
そこでママは考えた!
以前「大ちゃん」用に買ったおむつカバーと同じものを
「八ちゃん」&「ラッキー」用に
買ったのを思い出し「八ちゃん」に着せてみる
これなら大丈夫!傷口を舐めたり噛んだり出来ないし今まで通り
狭いお家の中も歩けるようになりました♪

お休み「八ちゃん」

なにより安心して「八ちゃん」も爆睡しちゃいました(笑)
とっても可愛らしい寝姿です
早く傷口が治るといいね



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村







 






スポンサーサイト

プロフィール

愛車はクラウン♪

Author:愛車はクラウン♪
 
 
 【うちのワンコたち】

◆名 前  ラッキー
 性 別  女の子
 年 令  17才
◆名 前  ジャム
 性 別  女の子
 年 令  10才

◆名 前  大ちゃん(大輔)
 性 別  男の子
 年 令  4才

◆名前   八ちゃん
 性別   女の子
 年齢   10才

住   所  北海道 中川郡

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。